最新治療

金属バネの無い入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

方針イメージ

 

  • 従来の保険の入れ歯は金属のバネを使って入れ歯を外れないようにしていました。最新の材料は金属バネの代わりに歯ぐきの色に似た弾力のある樹脂を使って外れないようにしたのが、このノンクラスプデンチャーなのです
  • 入れ歯をしていることがわかりにくい
  • 歯の根元までピッタリ覆うので食べ物が入りにくく、入れ歯が安定して良く咬める
  • 金属バネ特有の違和感や締め付けがない
  • 大きい入れ歯には金属フレームを併用するとさらに違和感が少なく食べ物の温度、味が良くわかる
  • 樹脂のみのノンクラスプデンチャー 8万円(税別)~  少数歯欠損が適応症です
  • 金属併用のノンクラスプデンチャー 20万円(税別)~  多数歯欠損が適応症です

 

オールセラミック治療

セラミックは美しく透明感があり自然な仕上がりが期待でき、長期間白さが保てます

健康保険の差し歯
健康保険の差し歯は時間が経つにつれ変色や変形、破損が目立ってきます。
セラミックインレー
e-MAXという硬くて丈夫なセラミックの歯です。(3.5万円~ 大きさで値段が変わります。税別)
ジルコニアセラミッククラウン(最新のオールセラミック治療です)
ジルコニアという金属に相当するくらい硬いセラミックをフレームに使い、見えるところは通常のセラミックを使って歯を作りますので丈夫で美しいセラミックの歯ができます。(10万円 税別) また、金属を使わないためアレルギー症状もなく、歯ぐきが経年で下がっても被せものの金属ラインが見えません。
メタルセラミッククラウン
見えないところには金属をフレームを使い、見えるところにはフレームの金属にセラミックを焼き付けることによって金属の丈夫さとセラミックの美しさを両立させたものです。従来「自費でセラミックの被せものをいれたよ」というのはこれで一般的なセラミックといえます。(9万円税別)
セラミック治療と保険治療の簡単な比較
  オールセラミック治療 保険の前歯プラスチック 保険の奥歯(銀歯)
見た目 天然の歯に近い色合い 変色しない 変色しやすい 白くできるが不自然 銀色のため目立つ
耐久性 長期間長持ちするが、銀歯よりは割れやすい 欠けやすい、摩耗しやすい 割れないが歯に負担がかかることがある
健康面 金属アレルギーの心配がない 歯に負担がかからない 精度が高く虫歯になりにくい 裏が金属なので金属アレルギーの心配あり 精度が低く虫歯の再発も多い
金属アレルギーの心配がある 精度が低く虫歯の再発も多い 硬いので反対の歯が弱る